PROFILE

 

ゆきの(Vo,Gt)

東京都府中市を拠点に活動している
ネオ・オルタナティブ・ポップ・ミクスチャーバンド!

 

2014年
結成高校の軽音楽部にて付けていたマスクをきっかけに、ゆきの・みそ・はすが出会いバンド結成。当初は音楽ではない遊びを中心としたコピーバンドであった。

 

2015年
ボーカルゆきのがグランジ、オルタナティヴミュージックに出会い覚醒!
オリジナル楽曲を中心にライブしたい欲望が湧き出る。

 

 2016年
府中を中心に月平均5本程度のペースでツアーバンドなどのサポートを行う。
某音楽スタジオ主催の大会で、予選を勝ち抜き決勝トーナメントに進むも、ゆきのの高校中退がバレ失格になる。

その秋には台湾の酔っぱらいに盛大に気に入られ、冗談かと思ったら本気でフェスに誘われ学校を休み台湾フェスを初体験。

 

2017年
3月高校卒業&1st Mini Album『まだ、こんな。』発売記念2マンライブを府中フライトで行い見事ソールドアウト!ツアー初日数日前になんとか免許を取得し、1ヶ月スケジュールびっちりの『まだ、こんな。』ツアーと見せかけたドライブを行う。

egg’s主催未確認フェスティバルでは2次予選まで他のバンドとの毛色の違いに戸惑いながらも進出し、ちょっと期待を胸にする。

年間100本近いライブをこなした今、メンバーみんな無職に陥る…。

 

2018年
SXSW(South by Southwest)でアメリカツアーを行うも結果、日本で話題にも上がらずアメリカ縦断旅行を楽しむ。

2nd Mini Album「轟音」で初の全国流通!
今どきのバンドでは珍しく本数多めの全国ツアーを回り、車を1台廃車にする。

バンドの中では「クリスマスの悪夢」と呼ばれる事件が起きる。
12月Baみそが失踪する事件が起きそのまま流れ星になる。

その4日後当時ドラムをやっていた「ちょす」にベースを持たせた所、意外と様になるし、元々ボーカルやりたかったって言ってたし華があるからベースやればいいんじゃない?って事でベースに転向

 

 2019年
1月に練習させすぎて、ふてくされた「ちょす」が1ヶ月でデビュー

3rd Mini Album「Breed」発売
レコ発を下北沢BASEMENT BARでソールドアウトになり明るい未来を想像する。
これまた今どきのバンドには珍しい本数の全国ツアーを行う。

松山の無人島に近い島で、夜の星空と、夜光虫の光る海と、一日中消えない火の下で「ガールズバンドじゃなくバンドになる」と決心する。合言葉は媚びぬ、引かぬ、省みぬ。

このツアーで沢山のバンドとカップリングをし、先輩に色々教えてもらった結果「本物バンド」の背中が見え始める。
ツアーファイナルをサイクロンで行い、華々しくソールドにして弾みをつけようとするも、半分くらいしか入らず惨敗。
しかし敗戦知り精神的にもバンド的にも強くなる。3歩歩いて2歩下がる。

 

2020年
本当はすぐにシングルを出してツアーに回る予定もコロナが猛威を振るう。
ライブが出来なくなりライブバンドを目指しているバンドには致命傷を与える。

バンドのホットトピック「はすパリピになるために帰郷する」事件が起きる。

 

2021年
ちょすが神から「犬と生活せよ。」と天啓を受けアー写を公開して二週間も経たないうち脱退。嘘だろ?みたいな気分になる。

ひとりぼっちバンドになったが、たくさんの仲間からの連絡を受け気を良くしたゆきのは私にCourtney(hole)Hayley(Paramore)の魂が宿ったらしく、センターボーカルっていいね!と言い始める。

 

たくさんのライブとたくさんの経験を経て、たどり着いた答えは
「Live」「格好良さ」「囚われない楽曲」
流行る、流行らないとかじゃない!かっこいいライブと曲を追求する!

Neo Alternative Pop Mixture Band!!
We are Maxn!!

コロナが落ち着いたらまたライブハウスで会いましょう!

MAXN Discography

Self-produced first album “MADA KON NA” on 3/10/2017

Second mini album “GOUON” on 5/23/2018

Third mini album “Breed” on 8/26/2019

Scroll Up
Translate »
Scroll Up